池袋は便利だよ!

埼玉の植民地、DQNが多いと噂の池袋。 映画の舞台になったりドラマの撮影で使われたり、危険ドラッグの事故が起こったり話題の地。 そんな池袋は首都圏の「観光地へのアクセス」が抜群に良い。 西武線以外にも東京メトロが通っている。これが最大の強みであろう。丸の内線と有楽町線は便利で東京の端から端まで行くことができる。 特に横浜へのアクセスが最高だ。副都心線が開通してから渋谷…

続きを読む

東京についてComment (0)

東京にいるならコミケへGO!!

東京に来て味わう最大のサブカルチャーショックはやはり、 「コミケ」である。 この「コミケ」では様々なアニメ関連の物販が催され、過激な女性コスプレイヤーも拝むことができる。 アホみたいなコスプレからあまりの露出っぷりに見てるこちらが恥ずかしくなるようなものもある。つまりエロイのだ。 いわゆる「夏コミ」では8月のクソ暑いこの時期に、ほとんど裸同然のコスプレを見ることができる。…

続きを読む

豊島区は便利だけどなんかごちゃごちゃ!?

東京の西に豊島区がある。池袋を要する大きな街だ。イベントも盛りだくさん、ショッピングも楽しく何でもある街だと私は思う。 でも私の周囲の人たちからはあまり評判が良くない。それは、「ゴミゴミして落ち着かない」ということだ。 ここ池袋は危険ドラッグの自己で死傷者も出し、暴力団やホームレス、そして外国人も多い。治安がいいとは実は言えない。昼間は何とも感じないが、夜は一気に雰囲気が変わる。…

続きを読む

東京は生涯独身でも変に見られない!

東京は個性に寛容な街。地方では奇異に見えることでも東京では普通。 そんな事例が多くある。特に思うのは結婚について。 東京での障害独身率は年々上昇し続けていて、男は本当に高い。面白いのは年収が上がると独身率もやや上がるということだ。 女性はやはり結婚するほうが多いがそれでもこれからどんどん独身率は上がるだろう。経済的事情もあるだろうが、東京では社会の雰囲気が独身を許容している…

続きを読む

東京についてComment (0)

東京の水はおいしいぞ!

「東京の水はまずい」 そんな意見が地方ではよく聞く。 でもはたして本当にそうか?大学生時代には自炊をして毎日東京の水を使っていた。地元岩手と変わらない味でお米が炊けたしがぶがぶそのまま飲んでもいた。 ぶっちゃけ水の味なんて人間にわからないのではないか。友人に聞いて回ったが皆東京の水もおいしいと言っていた。九州出身の人間もである。九州の人間は料理や水にうるさい人が多いのでこの…

続きを読む

東京についてComment (0)

東京では試写会が豊富!

東京は映画などのエンタテイメントが充実している。 映画好きにはたまらないイベントの一つに試写会がある。 以下の「試写会クラブ」では多数の試写会情報を掲載している。 試写会クラブ 試写会は応募券を集めるか映画への興味などを書いてはがきで応募するものが主流である。 これが意外と当たる。というのはみんなどうせ応募しても当選しないからとあきらめている。 しかしそう思う…

続きを読む

アコスタ@池袋~東京のイベント~

アコスタという名前から何を想像できるだろうか。実はこれ毎年恒例のコスプレイベントなのです。 サンシャインシティおよびその周辺と公園を撮影可能地域にしてコスプレイヤーとカメラマンが撮影をします。 この光景は部外者の私から見てもけっこうおもしろくて名刺交換みたいなものをしています。女性コスプレイヤーは露出が高い人もいておっさんたちが並んで撮影の順番待ちをしているくらいです。 私…

続きを読む

東京はコンビニが多すぎる!

東京に住めばわかるがコンビニが多い。周囲を見渡せば一軒は必ずある。 盛岡や秋田の住宅地ではなかなか見ない。盛岡市松園なんてファミマが一軒しかなかったはずだ。北東北や南九州ではコンビニが繁華街付近にしかない。 でも東京ではありとあらゆる場所にある。コンビニと歯医者が大量にある街なのだ。しかもイートインスペースがあるコンビニもある。これも都会ならではだろう。少なくとも岩手や秋田では見…

続きを読む

東京についてComment (0)

東京のコンビニバイトは大変!?

東京はバイトの種類が豊富。無いバイトがない。地方にはない治験とかイベントスタッフとか高級マンション警備とか。 コンビニについて書くと現在は外人が多い。体感としては中東系や中国系が多数を占める。白人はまず見ないね。 肝心の時給は都心部(新宿・渋谷)で1000円くらい。少し郊外(練馬や市部)でも970円かなと思う。 八時間で8000円稼げる。20日やれば160000万円。手取り…

続きを読む

東京はさびしくない!

私は岩手県盛岡市にいたころはいつも漠然とした「さびしさ」を感じていた。友達と一緒にいても勉強をしていても感じていた。理由は当時はわからなかった。でも最近気づいた。 さびしさを感じる正体は、「人が持つエネルギー量の少なさ」だ。 思えば盛岡は老人ばかり、志高い人物は上京しいなくなるといった具合で閉塞感が高かった。夢や目標を強要する人間関係がなかった。だからさびしかったのだ。 し…

続きを読む

東京についてComment (0)