東京にはバイトがいくらでもある!

東北、特に岩手は雇用が少ない。現在はある程度回復したけれど私が岩手にいた平成15~25年くらいはワーキンという雑誌で「1ページ半」しか求人がなかった。数にして20件くらいだろうか。地域は盛岡だがいくらなんでも少なすぎる。その状態に絶望して上京を決めた人も少なくないはずだ。なにせハローワークに行ってもどこかでみ見たような会社名ばかり。もう岩手県にまともな仕事はないのかと私は痛感した。 上京しておどろくのは求人の数。求人誌自体がタウンワークやジョブアイデム等たくさんある。ジョブアイデムは特に分厚く、清掃、警備、フード関連の仕事がたくさんある。 しかも時給も高い。当たり前のように時給千円は超えている。フリーターになれるのだ、岩手ではフリーターは無理だ。時給800円にも満たない金額で生活はできない。東北は冬の生活費が高くつく。東京の雇用状況はまるで別世界だ。 社会の底辺と呼ばれる警備職でも大体一夜勤一万円だ。こんな高給は東北では絶対に無理だろう。 東京で面白いのがイベントスタッフというアルバイトの存在だ。これは登録制で行きたい案件に応募し仕事に参加する。やっかいなのはモーニングコールという存在で朝遅刻しないように登録会社から電話がかかってくる。また、バイトに向かう際にも電話をする必要がある。そういう煩わしさを許容できるならこんな楽しいバイトはない。大学生なら友達もできるし、イベントを通して芸能人やアーティストに会うこともできる。 東北の地元と絶望している人は一度東京の…

続きを読む

東京に住むとテレビを見なくなる!

なぜか? テレビより楽しい娯楽がたくさんあるからだ! はっきり言ってテレビを見ている暇がない。それほど東京、首都圏はイベントであふれている。 都内タワレコでは毎週といっていいほどアーティストのライブがある。ららポート豊洲やラゾーナ川崎も同様だ。 幕張メッセでもほぼ毎週何かある。池袋サンシャイン付近でもコスプレイベントがちょくちょくある。 暇になれば街歩きが楽しい。中野や吉祥寺、高円寺、そして上野や浅草もなかなか良い所。 行ったことがない駅まで東京メトロで小旅行。一日乗車券を買えば700円で乗り放題。これは地方では実現不可能だろう。都電荒川線でふらふら途中下車しても飽きのこない楽しさがある。テレビで良く映る場所をいつでも探索できる。毎日が刺激にあふれている。 そもそもテレビの取材が新橋駅周辺等で良くあるし、ロケなどでは自分が居住している場所が頻繁に映る。 繁華街では芸能人を見かけることもしょっちゅうだ。 つまり都民にとってテレビが自分の生活から離れた存在ではないことも、テレビを見なくなる要因の一つであると思う。 テレビなんて見ている暇はない。だからテレビなんて見ない。 テレビがなくても毎日が楽しい!それが東京である。

続きを読む

東京の賃貸住宅で楽器演奏は難しい!!

東京は狭い。家もトイレも居酒屋も。何から何まで狭いんだ。自然住居は密集し、空間的に余裕のない家ばかりだ。 23区内ではマンションやアパートが隣り合っていて、別の棟の目覚まし時計も聞こえてくることがある。 電話越しのケンカや赤ちゃんの泣き声もすべてが聞こえる。お隣さんの事情に詳しくなる。 プライバシー?なにそれ?って感じである。 楽器演奏を趣味する東北人は結構多いと思う。エレキギターを弾く人は少ないように感じるがアコギ、ピアノは相当数いる。 エレキのようにアンプをつなぐ楽器は基本東京では弾く場所がない。 どうしても弾きたかったらスタジオを借りるしかない。大学生なら学生会館を利用することもできる。生音だけでも意外と反響するから一人暮らしの賃貸アパートでエレキやアコギを引くことはほとんど不可能だ。弾いたら最後、周りの家からクレームがたくさんくる。ひどい時は警察沙汰になるときもあるから気を付けてほしい。 ピアノは、電子ピアノならヘッドホン利用で練習くらいはできる。そして都内にはピアノを一時間600円位で弾ける音楽スタジオがある。本気で引きたいときはそこを活用すればいい。 そして私の趣味でもあるバイオリン。これはカラオケを主に活用する。バイオリンの練習でカラオケはとても利用しやすい。安いし、どこにでもある。学生時代は学生会館にも通って部室で練習した。 東北の田舎では自由な音量でどんな楽器でも弾けたと思う。 でも東京ではそうはいかない。地域住民と…

続きを読む