東京に住むとテレビを見なくなる!

a0001_017899.jpg
なぜか?

テレビより楽しい娯楽がたくさんあるからだ!

はっきり言ってテレビを見ている暇がない。それほど東京、首都圏はイベントであふれている。

都内タワレコでは毎週といっていいほどアーティストのライブがある。ららポート豊洲やラゾーナ川崎も同様だ。

幕張メッセでもほぼ毎週何かある。池袋サンシャイン付近でもコスプレイベントがちょくちょくある。

a0960_007443.jpg
暇になれば街歩きが楽しい。中野や吉祥寺、高円寺、そして上野や浅草もなかなか良い所。

行ったことがない駅まで東京メトロで小旅行。一日乗車券を買えば700円で乗り放題。これは地方では実現不可能だろう。都電荒川線でふらふら途中下車しても飽きのこない楽しさがある。テレビで良く映る場所をいつでも探索できる。毎日が刺激にあふれている。

そもそもテレビの取材が新橋駅周辺等で良くあるし、ロケなどでは自分が居住している場所が頻繁に映る。

繁華街では芸能人を見かけることもしょっちゅうだ。

つまり都民にとってテレビが自分の生活から離れた存在ではないことも、テレビを見なくなる要因の一つであると思う。

テレビなんて見ている暇はない。だからテレビなんて見ない。

テレビがなくても毎日が楽しい!それが東京である。

この記事へのコメント