東京にはバイトがいくらでもある!

a1640_000075.jpg
東北、特に岩手は雇用が少ない。現在はある程度回復したけれど私が岩手にいた平成15~25年くらいはワーキンという雑誌で「1ページ半」しか求人がなかった。数にして20件くらいだろうか。地域は盛岡だがいくらなんでも少なすぎる。その状態に絶望して上京を決めた人も少なくないはずだ。なにせハローワークに行ってもどこかでみ見たような会社名ばかり。もう岩手県にまともな仕事はないのかと私は痛感した。

上京しておどろくのは求人の数。求人誌自体がタウンワークやジョブアイデム等たくさんある。ジョブアイデムは特に分厚く、清掃、警備、フード関連の仕事がたくさんある。

しかも時給も高い。当たり前のように時給千円は超えている。フリーターになれるのだ、岩手ではフリーターは無理だ。時給800円にも満たない金額で生活はできない。東北は冬の生活費が高くつく。東京の雇用状況はまるで別世界だ。

社会の底辺と呼ばれる警備職でも大体一夜勤一万円だ。こんな高給は東北では絶対に無理だろう。

東京で面白いのがイベントスタッフというアルバイトの存在だ。これは登録制で行きたい案件に応募し仕事に参加する。やっかいなのはモーニングコールという存在で朝遅刻しないように登録会社から電話がかかってくる。また、バイトに向かう際にも電話をする必要がある。そういう煩わしさを許容できるならこんな楽しいバイトはない。大学生なら友達もできるし、イベントを通して芸能人やアーティストに会うこともできる。

a1640_000077.jpg
東北の地元と絶望している人は一度東京の求人倍率や質を自分の目で確かめると良い。

きっと未来が開けてくる。

この記事へのコメント